Goods 取扱商品

HOME > 取扱商品 > 冷えとり健康法について

Shopping 人気商品や限定商品がいっぱい!

  • 布おむつ
  • 布ナプキン
  • ベビー&ママグッズ
  • 洗剤
  • 冷えとり健康法
  • コーラルサンド21
  • オゥデシュシュ
  • 知っていましたか?こんなこと~子育てするにあたって~

Detergent Little Galaxyの冷えとり健康法

冷えとり健康法とは?
愛知県小牧市に住む医師、進藤義晴氏が提唱する健康法です。
20数年前に大学病院の勤務医をやっていた進藤義晴氏が、従来の西洋医学に疑問を感じ、
そこで東洋医学に注目し、当時の患者さん達に「冷えとり健康法」を実践させたところ、
患者さん一人当たりの治療回数や薬の使用量が劇的に減少し、
病院の経営を危うくさせるということで進藤先生は病院を辞めざるお得なくなった、というくらいの
様々な病状に効果があった健康法です。

<冷え取りの主な特徴>
●特殊な健康食品・健康用品は必要ありません。
●自分自身の生活スタイルに合わせて実践できるので安心です。 (薬の副作用などの心配がありません)。
●年齢・性別・職業に関わらず、どなたでも行えます。
●効果は自分の努力次第。頑張った分だけちゃんと結果が出ます。

<「冷え取り」の四原則>
●半身浴
●靴下の重ねばき
●腹八分目
●正しい生き方  これをわかりやすい言葉にかえますと・・・
 頭寒足熱にして・・腹八分目。心穏やかにして・・病毒はすべて出し、余計な心配はしない。
冷えは万病の元
上半身と下半身の温度差と冷えによって血行不良が起こる。

「冷え」はなぜ万病の元になるのでしょうか。
「冷え」があると血管が縮んで循環不良がおきますから血行不良になります。
血液は、身体中のあらゆる細胞に、養分や酸素をくまなく送り届けて、
内臓をはじめさまざまな身体の機能が正常に働くようにしています。
そして、また、これらの細胞が充分に働いて要らなくなった老廃物を運び出す役割もしています。 
血行不良になると当然細胞に必要な養分が届きませんし、老廃物も出ていきません。
体内に老廃物が居すわってるせいで、細胞の機能が落ちたり、狂ったりするので体内に毒ができるのは当たり前なのです。
病気はこの毒が溜まることです。
近代西洋医学では異常な数値が血液や尿の中に現れたり、異常な形の細胞、つまり腫瘍細胞やポリープ、
あるいは潰瘍という形になってはじめて病気ということになるのです。
何らかの疾患という形で現れる前に、すでに病毒があっても西洋医学ではわからないのです。
例えば、一枚の紙に力をかけても、すぐには破れません。
破れないからといって力が加わっていないのかというと、そうではありません。
ある程度の力をかけると紙は破れ、ああ力が加わっていたんだなと初めて気が付くのと同じで、
西洋医学では、力が加わっていることが紙が破れるまで見えないのです。
毒出し(デトックス)とダイエット
人間は、健康体という「秩序」を維持する為に、新陳代謝を行っています。
新陳代謝とは、外部から生存に必要な物質を体内に摂り入れ、
不要となった老廃物等の毒素を体外に出して体を浄化することです。
人間の細胞は全部で約60兆個あり、人間の体は、死んで老廃物となる細胞と、
新しく生まれる細胞とを入れ替える作業を繰り返しています。
体の細胞は約3ヶ月で全て入れ替わるといいます。
この細胞の入れ替えを、一生の間繰り返します。
普段の生活の中で、鼻水、耳だれ、湿疹、下痢、頭痛といった症状が出る場合があります。
これらは体の中の毒素や死んだ細胞である老廃物が体から排出しようとしている現象であり、すべて新陳代謝の一部です。
普段の排尿・排便と同様に、毒素・老廃物を体外に排出する、いわゆる「秩序維持機能」が働いている現象です。
この排毒作用を毒出し(デトックス)と呼びます。
つまり人間は、毒出し(デトックス)をしながら体を浄化して、健康体という秩序を維持しようとしている訳です。
従って、症状が出たら、症状をもっと出やすいようにして、毒素・老廃物を積極的に体外に出し切ってやる必要があります。
ところが、西洋医学では「病気」と「症状」の区別はなく、症状とは病気になった結果の現象であるのに、
症状イコール病気と考えるので、一般的に症状を抑える治療をします。
症状を抑えると一時的に楽になりますが、症状の原因の病気はそのままなので、
長い年月の間には毒素が体内に溜まり、重い病気へと悪化する可能性があります。
毒出し(デトックス)による健康維持・健康回復という考え方は、一般的な病気や症状に対する考え方と異なりますが、
ちょっと論理的に考えればわかって頂けると思います。
ダイエットをおこなう時も同様で、「身を削る」のではなく、新陳代謝によって日々発生する老廃物や不要物を
しっかり体外に排出することが、本来のダイエットであると理解して、体の浄化に心がければ良いでしょう。
★重ね履きについて
「足は第2の心臓」といわれます。
それは、足は、循環した血液をまた心臓まで送るための、ポンプのような役割をしているからです。
また、足は内臓のツボが集中しているところでもあります。
そのため靴下を履いて足元を温め、血液の循環をよくすることは内臓を活発にし、
内臓に溜まっていた毒素を外に押し出すことになります。
頭寒足熱に一番良い方法は「半身浴」です。
しかし、24時間お風呂に入っているわけにはいきませんので、
靴下の重ね履きが「半身浴」の代わりに常に、冷え取りをケアします。

「絹」と「綿」
驚くべき絹の特性:絹は汗などを吸収すると、そのままどんどん外へ発散する力が強く、
絹自体は汗などの毒素で一杯になることなく毒素を絶えず吸収し、発散し続けます。
また綿は発散する力は弱いが吸収力があります。
この絹と綿の組み合わせが、信じられないほど毒素を取るのです。
絹だけを何枚履いてもほとんど効果はありません。

絹・綿・絹・綿と交互に2足よりは1足、1足よりは6足と、重ねるほど効果があります。
出きれば一日中履くようにします。
日中履けない場合は寝ているときだけでも履くようにしてください。

★五本指をまず履く ★もう一枚五本指を重ねる ★先丸タイプを重ねる ★もう一枚先丸タイプを重ねる
瞑眩(めんげん)について
瞑眩(めんげん)とは好転反応のことです。新陳代謝が活発になってきますと、 数日後には瞑眩が始まります。

慢性疾患が、自然治癒力によって健康を取り戻す過程で体にさまざまな病的な症状が現れることがあります。
例えば、皮膚に湿疹が現れることがあります。
これは、体のなかに溜まっていた毒素が皮膚に出てきたために起こる湿疹です。
下痢をすることもあります。これも毒素の排泄の過程で起こります。
体の痛みを感じたり、倦怠感を感じることもあります。

これは慢性病で鈍っていた神経が活性化したためです。
いずれも日にちが経つにつれて治まるものです。
好転反応には、つぎのようなものがあります。

弛緩反応……怠い、眠いなどの倦怠感として感じられます。
過敏反応……便秘、下痢、発汗、腫れ、痛みなどとなって現れます。
排泄反応……湿疹、かゆみ、目やに、吹き出物、大量の便などで体内の老廃物・有害物質が排泄される症状です。
回復反応……胃痛、腹痛、吐き気、発熱、動悸などとなって現れます。

また同時に、心の変化も始まります。
心の変化が始まると、無性にイライラし出すことがあります(イライラしても周りの人に当たらないでくださいネ)。
一時的にイライラしますが、心の変化が通過した後は、落ち着いて自分の欠点が冷静に自覚できるようになります。
また、自分から逃げないで、その欠点と向かい合うことができるようになります。考え方も柔軟になります。
好転反応は、人によって千差万別です。 何度か繰り返すことがあります。
そんなときは、初めは強く出ますが、だんだん繰り返すうちに反応は弱くなってくる傾向があります。

「冷え取り」をしっかり行なうことで自分の力、「自然治癒力」(免疫力)が高まってきます。
まずは実行してみること、そして信じてみること、さらに継続すること。

長い年月をかけて、毒素を体にため込んだのです、「冷えとり健康法」を1、2回やってみて、効果がないからとやめないことです。
何事も継続が一番。
まず3ヶ月間はがんばって下さい。必ず結果はついてきます。

オゥデシュシュ
コーラルサンド21
冷えとり健康法
  • 布おむつ
  • 布ナプキン
  • ベビー&ママグッズ
  • 洗剤
  • イベント情報
  • 小売店募集
PAGE TOP